【楽天カードの支払い遅れ】利用停止が解除され再開されるのはいつから?

残高不足で引き落としができないと、楽天カードの利用が一時的に停止されます。

自然に解除されません。

停止を解除するには、未納分(滞納分)を支払う必要があります。

支払い方法とあわせて、支払い後いつ解除されるのか?支払わず放置しているとどうなってしまうのか?

といったこともチェックしていきましょう!

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

内容をざっくりまとめると

  • 楽天カードの支払いに遅れると、ペナルティとして利用停止になる
  • 利用停止を解除するには、下記いずれかの方法で支払う必要あり
    1. 再引き落とし(一部金融機関)
    2. 振込(指定口座に振込む)
    3. コンビニ払い(催促ハガキに請求書が同封)
  • 支払い後、最短当日〜4営業日ほどで停止が解除される

楽天カードの支払いに遅れると利用が停止される!

楽天カードの支払いは毎月27日に、自動引き落としで行われます。

残高が足りていれば何の問題もなく引き落とされますが…

1円でも不足していると、正常に引き落としが行われません。

そして、そのまま翌日を迎えてしまうと「遅延」という扱いになります。

遅延=支払い遅れ、支払期日を守らなかった。

そのため、さまざまなペナルティが生じます。

その中の一つが「楽天カードの利用停止」です。

楽天カードの利用停止が長引くと、スマホ代や公共料金の支払いも滞る恐れがあります。

なので、1日でも早く停止を解除した方がいいです。

▼参考ページ▼

【楽天カード残高不足】支払い遅れで生じる5つのペナルティ
楽天カードの支払いは毎月27日に、自動引き落としで行われます。ですが、残高不足の状態だと引き落としができません。その結果「遅延(支払い遅れ)」として扱われ、延滞金や利用停止などのペナルティが生じます。ペナルティの詳細...

停止を解除するには未納分を支払う必要あり!支払う方法は3つ

支払い遅れで楽天カードの利用が停止された。

利用停止を解除するには、未納分(滞納分)を支払う必要があります。

未納分はどうやって支払えばいいの…?

という方のために、支払い方法について詳細をまとめました。

支払い方法は3つあります。

1.再引き落とし

再引き落としについて一部の金融機関のみ再引き落としに対応している!

すべての金融機関ではありませんが、一部の金融機関は「再引き落とし」に対応しています。

引き落とし日(27日)の翌営業日〜数日間にわたって、再引き落としが行われます。
(ゆうちょ銀行のみ指定日に一度だけ再引き落とし)

再引き落としに対応している銀行と、再引き落とし日(スケジュール)が下記の通りです。

楽天カードの再引き落とし

対象金融機関 通常の支払日 再引き落としスケジュール
  • 楽天
  • みずほ
  • 三井住友
  • 三菱UFJ
  • りそな
  • 埼玉りそな
  • 北海道
  • 北陸
  • 横浜
  • 千葉
  • 広島
  • 福岡
  • 熊本
  • 親和
  • 常陽
  • 八十二
27日 4営業日の間行われる
(27日の翌営業日〜)
ゆうちょ銀行 27日 指定日に一度だけ再引き落とし

▼参考ページ▼

【楽天カードの再引き落とし】時間はいつ?できなかった時の対処法
楽天カードの引き落としは27日に行われますが、残高不足を起こすと引き落としができません。その場合、再引き落としや振込などで支払うことになります。ただ、再引き落としに対応している金融機関は一部のみ。どの金融機関が対応し...

2.振込

再引き落とし対応外の場合は、振込で滞納分を支払います。

ただ、契約者によって振込先が異なるので、下記いずれかの方法で確認する必要があります。

2−1:楽天e-NAVIから確認する

引き落とし日の最短2営業日〜最大5営業日以降に、楽天e-NAVIの画面上部に青色のバーが表示されます。

! 至急こちらのお知らせをご確認お願いいたします。

既にご入金がお済みの場合は、入れ違いでのご案内となりますので、何卒ご容赦ください

この表示をタッチすると、振込案内のページに移動します。

ページの最下部に振込先口座が記載されているので、その口座に振り込みましょう。

2−2:自動音声ダイヤルで確認する

引き落とし日〜翌月10日までの間、自動音声ダイヤルにて振込受付ができます。

【受付対象期間】 引き落とし日〜翌月10日まで
【確認項目】 カード番号、生年月日、振込日
【電話番号】 ➿0120-30-6910(24時間対応)
【手順】 「3:各種照会」→「カード番号、生年月日」→「請求額の照会」

振込口座・金額を確認し、指定した振込日までに振り込みましょう。

3.コンビニ払い

滞納分を支払わず放置していると、楽天カードから催促ハガキが届きます。

そのハガキには、コンビニ払い可能な請求書(バーコード付き)が同封されています。

それを持って最寄りのコンビニに行き、滞納分を支払うこともできます。

セブン-イレブン、ローソン、ファミリマートなど、すべてのコンビニで支払えます。

▼参考ページ▼

【楽天カードの引き落とし】できなかった時の支払い方法と生じる問題
楽天カードの引き落としは27日に行われます。引き落とし時間は金融機関ごとに異なりますが、お昼〜午後までに入金すれば、まだ引き落としに間に合う可能性があります。また、楽天カードが指定する口座に振り込んでもOK。27日の...

支払い後、利用停止が解除されるのは最短当日〜4営業日後

滞納分の支払いをすると、じきに停止が解除され利用を再開できます。

早ければ支払いを済ませたその日に、停止が解除されます。

ただ、場合によっては3〜4営業日ほどかかることもあります。

なぜこれほど時間がかかるのか?というと、銀行から楽天カードに入金結果が届き次第、停止が解除されるため。

ちゃんと支払っていれば問題ないので、停止が解除されるまで待機しましょう。

利用停止になると楽天e-NAVIにログインできなくなる

支払い遅れが長引くと、楽天e-NAVIにログインできなくなります。

正しいパスワードを入力してもログインできません。

エラーコード1・エラーコード2というメッセージが表示されます。

それぞれの意味が下記の通りです。

エラーコード1:通常の利用停止

まだ強制解約には至っていない段階ですが、楽天カードの利用が停止されている状態です。
(通常の利用停止)

早急にコンタクトセンターに連絡し、滞納分の支払いを済ませましょう。

エラーコード2:強制解約

エラーコード2は「強制解約」の意味。

つまり、時すでに遅しの状態。

正式に強制解約が成立・確定しているので、もうどうしようもありません。

とはいえ、滞納分がチャラになるワケではありません。

こちらも早急にコンタクトセンターに連絡し、滞納分の支払い方法について相談しましょう。

連絡を怠り放置していると、法的措置がとられる恐れがあります。

▼詳細は下記のページで解説▼

【楽天カード延滞】支払いを滞納すると生じる問題と対処法
楽天カードの滞納が長引くと「延滞」という扱いになり、さまざまなペナルティが生じます。数日〜1ヶ月ほどであれば、まだ延滞にはなりません。ですが、短期間の遅れを何度も繰り返すと「延滞」として扱われます。どんなタイミングで...

楽天e-NAVIにログインできない時は、コンタクトセンターに連絡

エラーコード1・エラーコード2が表示されて、楽天e-NAVIにログインできない…。

この場合は、コンタクトセンター(もしくはプレミアムカードデスク)に連絡してください。

そして、エラーコードが表示されている旨を伝え、滞納分の支払いについて相談しましょう。

連絡先

【一般カード】
楽天カードコンタクトセンター
☎0570-66-6910 受付時間
9時30分〜17時30分
【ゴールド・プレミアムカード】
楽天プレミアムカードデスク
☎カード裏面に記載 受付時間
9時30分〜17時30分

 

コンタクトセンター(プレミアムカードデスク)に電話すると、最初に自動音声が流れます。

オペレーターにつなぐには、下記の順番でダイヤルをプッシュ。

「4:支払い関連」→「0:その他お支払いに関するお問い合わせ」

時間帯によっては電話が混雑するので、オペレーターにつながるまでに時間がかかることもあります。

支払い遅れだけじゃない!利用停止になる原因3つ

楽天カードが利用停止になる原因は、支払い遅れだけじゃありません。

他にも考えられる原因が3つあります。

それぞれの詳細が次の通り。

1.限度額オーバー

楽天カードには利用限度額が設定されています。

利用限度額は契約者ごとに異なりますが、限度額の範囲内であれば繰り返し・何度でも利用できます。

ただ…

限度額に達すると(もしくはオーバーすると)、それ以上楽天カードが使えなくなります。

つまり、利用停止になるということ。

買い物をしようと思っても、

このカードは読み取れません。

とか、

現在、利用が停止されています。

などのエラーが発生します。

2.有効期限切れ

楽天カードには有効期限が設定されています。

1年〜3年に設定されることが多いですが、これは楽天カード側の審査によって設定されます。
(利用状況などを見て設定)

また、有効期限は自動的に更新され、新しいカードも手続き不要で届きます。

ただ、更新されたことに気が付かないと、期限切れのカードを使ってしまうことがあります。

有効期限が切れたカードは使えないので、必ずカード表面の有効期限をチェックしてください。

3.他社利用に問題がある

楽天カードだけでなく、他のクレジットカードも利用している。

または、カードローンやキャッシングも利用している。

利用する分には何の問題もありませんが…

他社のクレカやローンの返済に遅れている、借入件数が多すぎる場合は注意が必要。

返済能力に問題ありと判断され、楽天カードの利用が停止される可能性があります。

何で他社の利用が楽天カードに関係するの?

と思うかもしれませんが…

全国の金融機関(カード会社・銀行など)は、信用情報機関に加盟しています。

そして、信用情報機関には契約者の個人情報や利用状況が、事細かに記録されています。

さらに…

信用情報機関の情報は、加盟機関同士で照会・共有されます。

他社の利用状況も筒抜け状態。

なので、他社の利用で問題を起こすと、楽天カードの利用が停止になることがあるんです。

信用情報機関に記録される情報

CIC
信用情報の種類 主な情報項目 保有期間
申込情報 ■本人を識別する情報
氏名、生年月日、住所等


■申込内容に関する情報
照会日、商品名、契約予定額等

照会日より
6ヶ月間
クレジット情報 ■本人を識別する情報
氏名、生年月日、住所等


■契約内容に関する情報
契約日、契約の種類、商品名、
契約額、支払回数等


■支払状況に関する情報
残債額、入金額、入金履歴、
異動(延滞など)の有無等

契約期間中及び
契約終了後5年以内
利用記録 ■本人を識別する情報
氏名、生年月日、住所等


■利用した事実に関する情報
利用日、目的、利用会社名等

利用日より
6ヶ月間
JICC
情報の種類 情報の内容 登録期間
本人を特定する情報 氏名、生年月日、住所、
勤務先、勤務先電話番号等
契約内容に関する情報等が
登録されている期間
契約内容に関する情報 契約の種類、契約日、貸付日
契約金額、貸付金額等
契約継続中及び
完済日から5年以内
返済状況に関する情報 入金日、入金予定日、
残高金額、延滞等
契約継続中及び
完済日から5年以内
取引事実に関する情報 債権回収、債務整理、
強制解約等
当該事実の発生日から
5年を超えない期間
申込に関する情報 本人を特定する情報 申込日から
6ヶ月以内

未納分(滞納分)を支払わないとどうなる?生じるペナルティ

楽天カードの支払いに遅れた時点で「遅延」と扱われ、さまざまなペナルティが生じます。

また、未納分を支払わないでいると、どんどんペナルティが重くなっていきます。

例えば、遅延損害金の額がかさんでいく。楽天カードから催促(ハガキ・電話)が届く。信用情報機関に記録される…などなど。

場合によっては、限度額が引き下げられることもあります。

遅延すると生じるペナルティについては、下記のページで詳しくまとめてあるので、参考にしてください。

【楽天カード残高不足】支払い遅れで生じる5つのペナルティ
楽天カードの支払いは毎月27日に、自動引き落としで行われます。ですが、残高不足の状態だと引き落としができません。その結果「遅延(支払い遅れ)」として扱われ、延滞金や利用停止などのペナルティが生じます。ペナルティの詳細...

まとめ

  • 楽天カードの支払いに遅れると、ペナルティとして利用停止になる
  • 利用停止を解除するには、下記いずれかの方法で支払う必要あり
    1. 再引き落とし(一部金融機関)
    2. 振込(指定口座に振込む)
    3. コンビニ払い(催促ハガキに請求書が同封)
  • 支払い後、最短当日〜4営業日ほどで停止が解除される

コメント

タイトルとURLをコピーしました