【楽天カード審査落ち】考えられる7つの原因と緊急時の対処法

楽天カードの審査に落ちる原因は、主に7つ考えられます。

申込み間口が広く比較的発行しやすいカードですが、ちょっとした原因で審査に落ちてしまうことも。

では、なぜ審査に落ちるのか?

落ちた後はどんな対処をすればいいのか?

詳しく見ていきましょう!

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

内容をざっくりまとめると

  • 楽天カードの審査に落ちる原因は7つ考えられる
  • 申込み条件を満たしていない、誤字脱字、収入が安定していないなど
  • 再申込したい時は、最低でも6ヶ月は期間を空ける
  • 6ヶ月も待てない時は、他のクレカやカードローンに申込む
  • 消費者金融系カード(ACマスターカードなど)であれば、発行できる可能性あり

はじめに|楽天カードの審査に落ちるとこのようなメールが届く

楽天カードの審査結果は「メール」で届きますが、通過した場合と落ちた場合とで内容が少し異なります。

通過した場合は、下記のような内容。

カード発行手続きが完了しました。一週間程度でお届けします。

 

落ちた場合は、下記のような内容になっています。

審査結果をご確認ください。

落ちました〜とか、見送らせていただきました〜とか、直接的な表現じゃないのがズルいですよね。

 

メールにはURLが記載されているのですが、そこを確認すると下記のメッセージが表示されます。

オンラインカード発行 受付IDの入力該当がございません。

入力内容をご確認のうえ、再度「受付状況を確認する」ボタンをクリックしてください。それでもご不明な場合は、お申込者ご本人様より下記へお電話いただき、審査状況をお問い合わせくださいますようお願いいたします。

この画面にも同じく「落ちました」とか「見送らせていただきました」などの表現がありません。

なので、パッと見ただけでは、審査に落ちたことがわかりません。

もっと分かりやすくしてくれた方が、ありがた気もするんですけどね…。

 

次に、楽天カードの審査に落ちる原因(理由)について、詳しく見ていきます。

楽天カードの審査に落ちる原因7つ

楽天カードの審査に落ちる原因(理由)は、7つ考えられます。

その詳細が下記の通り。

【1】申込条件を満たしていない

楽天カードには申込条件があります。

  • 満18歳以上
  • 主婦・アルバイト・パート・学生も可
  • 高校生は除く

18歳以上であれば、どんな職種でも申込めるクレジットカードです。

ただ、高校生は申込不可。

19歳の高校生という場合などは、楽天カードに申込むことができません。

【2】前回の申込みから6ヶ月経っていない

以前も楽天カードに申込んだことがある場合、6ヶ月以上経っていないと発行することができません。

というのも、申込情報が6ヶ月間「信用情報機関(CIC・JICC)」に残るからです。

6ヶ月経たない間に何度も何度も申込むと、多重申込と判断される恐れがあるので、気をつけてください。

信用情報機関に記録される情報

CIC
信用情報の種類 主な情報項目 保有期間
申込情報 ■本人を識別する情報
氏名、生年月日、住所等


■申込内容に関する情報
照会日、商品名、契約予定額等

照会日より
6ヶ月間
クレジット情報 ■本人を識別する情報
氏名、生年月日、住所等


■契約内容に関する情報
契約日、契約の種類、商品名、
契約額、支払回数等


■支払状況に関する情報
残債額、入金額、入金履歴、
異動(延滞など)の有無等

契約期間中及び
契約終了後5年以内
利用記録 ■本人を識別する情報
氏名、生年月日、住所等


■利用した事実に関する情報
利用日、目的、利用会社名等

利用日より
6ヶ月間
JICC
情報の種類 情報の内容 登録期間
本人を特定する情報 氏名、生年月日、住所、
勤務先、勤務先電話番号等
契約内容に関する情報等が
登録されている期間
契約内容に関する情報 契約の種類、契約日、貸付日
契約金額、貸付金額等
契約継続中及び
完済日から5年以内
返済状況に関する情報 入金日、入金予定日、
残高金額、延滞等
契約継続中及び
完済日から5年以内
取引事実に関する情報 債権回収、債務整理、
強制解約等
当該事実の発生日から
5年を超えない期間
申込に関する情報 本人を特定する情報 申込日から
6ヶ月以内

【3】誤字脱字や虚偽申告

誤字脱字がある=正確性に欠けると判断され、審査の時にマイナス評価になります。

一つあるだけで審査落ち〜とはなりませんが、他の審査項目と合わせるた結果、審査落ちになる可能性があります。

虚偽申告は論外。

年収や勤続年数などを盛ったりしても、審査の時にすぐバレてしまいます。

さらに、楽天カードの社内データに「虚偽申告者」として記録され、今後楽天カードを発行できなくなります。

【4】収入が安定していない

楽天カードはアルバイトやパートでも発行できます。

が、収入が安定していないと、審査に通過することはできません。

毎月の出勤日数があまりにもバラバラとか、辞めたり入ったりを繰り返しているとか…。

収入が不安定だと「返済能力が低い」と判断されるので、注意が必要です。

【5】勤続年数が短い

収入の安定性と深く関係しています。

勤続年数が短い=収入が安定していないと判断され、審査でマイナス評価になります。

勤続年数が短いと判断される目安は「6ヶ月ほど」

なので、最低でも6ヶ月〜1年は勤務してから、楽天カードに申込みましょう。

【6】クレヒスに問題がある

クレヒス(クレジットヒストリー)は、クレカやローンの利用実績のこと。

利用実績や状況は、信用情報機関(CIC・JICC)に記録されています。

遅延や滞納などのマイナス実績も記録され、審査時に照会・共有されます。

なので、他社の支払い遅延や滞納があると、楽天カードの審査で不利になってしまいます。

信用情報機関に記録される情報

CIC
信用情報の種類 主な情報項目 保有期間
申込情報 ■本人を識別する情報
氏名、生年月日、住所等


■申込内容に関する情報
照会日、商品名、契約予定額等

照会日より
6ヶ月間
クレジット情報 ■本人を識別する情報
氏名、生年月日、住所等


■契約内容に関する情報
契約日、契約の種類、商品名、
契約額、支払回数等


■支払状況に関する情報
残債額、入金額、入金履歴、
異動(延滞など)の有無等

契約期間中及び
契約終了後5年以内
利用記録 ■本人を識別する情報
氏名、生年月日、住所等


■利用した事実に関する情報
利用日、目的、利用会社名等

利用日より
6ヶ月間
JICC
情報の種類 情報の内容 登録期間
本人を特定する情報 氏名、生年月日、住所、
勤務先、勤務先電話番号等
契約内容に関する情報等が
登録されている期間
契約内容に関する情報 契約の種類、契約日、貸付日
契約金額、貸付金額等
契約継続中及び
完済日から5年以内
返済状況に関する情報 入金日、入金予定日、
残高金額、延滞等
契約継続中及び
完済日から5年以内
取引事実に関する情報 債権回収、債務整理、
強制解約等
当該事実の発生日から
5年を超えない期間
申込に関する情報 本人を特定する情報 申込日から
6ヶ月以内

【7】他社借入が多い

他社のカードローン(キャッシング)を利用している場合は、借入額・件数に要注意。

楽天カードでもキャッシング枠を追加できるのですが、総量規制の対象です。

総量規制=年収の1/3を超える額を借りられない。

なので、楽天カード以外のカードローンやキャッシングを利用していると、総量規制にふれる可能性が出てきます。

 

次に、楽天カードの審査に落ちた後でやってはいけない3つの行動を見ていきます。

楽天カードの審査に落ちた後、やってはいけない行動3つ

楽天カードの審査に落ちた後、やってはいけない行動がこの3つです。

それぞれの詳細が次の通り。

【1】落ちてすぐ楽天カードに再申込

やってしまいがちな行動が「落ちてすぐに再申込する」です。

でも、これはNG。

というのも、楽天カードに申込んだ〜という情報が、6ヶ月間「信用情報機関(CIC・JICC)」に残るため。

情報が残った状態で楽天カードに申込んでも、審査に通過することは難しいです。

また、短期間で何度も申込むと「多重申込」と判断され、楽天カードの社内データにも記録される恐れがあります。
(社内ブラックというもの)

カード会社内のブラックリスト。半永久的に残るため、そのカードを発行することができなくなる。

一度社内ブラックに記録されたら、そのカード会社とはまったく関係のないカードを作るしかない。

【2】他のクレカに何枚も申込む

楽天カードの審査に落ちたとしても、他のクレカに申込むことはできます。

ただ、同時に複数枚のクレカに申込むと「多重申込」と判断され、審査に通過することが難しくなります。

多重申込と判断される目安としては、1ヶ月で2〜3枚以上。

他のクレカに申込むなら、1〜2ヶ月に1枚くらいのペースを心がけましょう。

【3】クレヒスに傷をつける

すべてのクレカの利用状況は「信用情報機関(CIC・JICC)」に記録されます。

そして、記録された情報は審査時に照会・共有されます。

そのため、クレヒスに傷をつけてしまうと、その情報が審査時に照会され、審査で不利になってしまいます。

なので、遅延や滞納をしないように注意してクレカを利用しましょう。

クレヒスに傷がつく行動の例

  • 遅延(支払い遅れ・残高不足)
  • 滞納(延滞)

楽天カードの審査に落ちた後の対処法3つ

楽天カードの審査に落ちた後の対処法(取るべき行動)は、3つあげられます。

それぞれの詳細が下記の通り。

【1】6ヶ月経ってから再申込

どうしても楽天カードを発行したい…という時は、最低でも6ヶ月経ってから再申込しましょう。

繰り返しになりますが、楽天カードに申込んだ〜という情報は、6ヶ月間「信用情報機関(CIC・JICC)」に残ります。

記録が残っていると審査に通過することが難しいため、リセットされるタイミング(6ヶ月経った時)まで待ちましょう。

信用情報機関に記録される情報について(タッチで確認)

信用情報機関に記録される情報

CIC
信用情報の種類 主な情報項目 保有期間
申込情報 ■本人を識別する情報
氏名、生年月日、住所等


■申込内容に関する情報
照会日、商品名、契約予定額等

照会日より
6ヶ月間
クレジット情報 ■本人を識別する情報
氏名、生年月日、住所等


■契約内容に関する情報
契約日、契約の種類、商品名、
契約額、支払回数等


■支払状況に関する情報
残債額、入金額、入金履歴、
異動(延滞など)の有無等

契約期間中及び
契約終了後5年以内
利用記録 ■本人を識別する情報
氏名、生年月日、住所等


■利用した事実に関する情報
利用日、目的、利用会社名等

利用日より
6ヶ月間
JICC
情報の種類 情報の内容 登録期間
本人を特定する情報 氏名、生年月日、住所、
勤務先、勤務先電話番号等
契約内容に関する情報等が
登録されている期間
契約内容に関する情報 契約の種類、契約日、貸付日
契約金額、貸付金額等
契約継続中及び
完済日から5年以内
返済状況に関する情報 入金日、入金予定日、
残高金額、延滞等
契約継続中及び
完済日から5年以内
取引事実に関する情報 債権回収、債務整理、
強制解約等
当該事実の発生日から
5年を超えない期間
申込に関する情報 本人を特定する情報 申込日から
6ヶ月以内

【2】他のクレカに申込む

楽天カードじゃなくてもいいから、何かしらクレカを発行したい…という時は、他のクレカに申込みましょう。

ただ、申込むなら「流通系以外」にした方がいいです。

楽天カードは流通系に分類されるので、楽天カードの審査に落ちた=他の流通系カードでも落ちる可能性がある、と言えるため。

審査に落ちても発行しやすいカードは、

  • ACマスターカード(消費者金融系)
  • ライフカード(消費者金融系)

などがあります。

【3】カードローンを利用する

ある程度まとまったお金が必要…という時は、カードローンを利用するのも手段の一つです。

銀行が提供しているカードローンは、クレカのキャッシング枠に比べて金利が低め。

また、ネット銀行のカードローンであれば、店舗に足を運ばずに申込み→契約ができるのもメリットです。

楽天カードの審査落ち|再申込する時の注意点3つ

審査落ちのあと、楽天カードに再申込をする時は下記3点に注意してください。

【1】最低でも6ヶ月は期間を空ける

先ほども記載しましたが、再申込するなら「最低でも6ヶ月」は期間を空けてください。

6ヶ月経たずに申込むと、下記のメッセージが表示されることがあります。

前回のお申込から必要な期間を経過していません。

【2】再申込するまでの間、クレヒスに傷をつけない

再申込をするまでは、絶対にクレヒスに傷をつけないよう注意しましょう。

具体的には、

  • 引き落とし時に残高不足を起こさない
  • 返済に遅れない(遅延しない)
  • 滞納しない(延滞しない)

この3点です。

遅延や延滞納をするとクレヒスに傷がつき、審査時に大きなマイナス評価になってしまいます。

【3】再申込する時はキャッシング枠を0円にする

ショッピング枠だけでなく「キャッシング枠」も追加できますが、再申込する時は0円にした方がいいです。

キャッシング枠を希望すると、その分審査基準も厳しくなるため。

まずは楽天カードを発行することを優先しましょう。

そして、楽天カードの利用実績ができた後、必要に応じてキャッシング枠の追加を申込みましょう。

【楽天カードのキャッシング】枠を追加する方法と使い方・返し方
楽天カードはキャッシング枠を追加することもできます。申込みは楽天e-NAVI(ネット)から行うのですが、審査に通過しないと追加することができません。申込方法とあわせて、キャッシング枠の審査基準や通過するコツ、キャッシングを利...

楽天カードの審査に通過するためのポイント

楽天カードの審査に通過するためのポイントがこの3つです。

明確な審査基準は公開されていませんが、おおよその基準を推測することは可能。

下記のページで楽天カードの審査基準(推測)などを細かくまとめているので、参考にしてください。

【楽天カード審査】基準を徹底的に調査!難易度はどれくらい?
公式ページには記載されていない、楽天カードの審査基準。手にしやすいクレカですが、100%発行できるわけではありません。「そこで、おおよその審査基準や難易度をまとめてみました!楽天カードを所有したいけど、審査基準が気になる.....

楽天カードの審査落ちに関するQ&A

以下、楽天カードの審査落ちに関するQ&Aをまとめました!

Q:審査落ちの理由を問い合わせることってできるの?

できません。

楽天カードコンタクトセンターに問い合わせても、審査落ちの理由を教えてくれません。

Q:審査落ちすると二度と楽天カードを発行できないの?

そんなことありません。

審査に落ちたとしても、6ヶ月経てば再発行のチャンスが巡ってきます。

ただし、100%確実に発行できるワケではありません。

所定の審査に通過しないと発行できないので、その点には注意が必要です。

【楽天カード審査】基準を徹底的に調査!難易度はどれくらい?
公式ページには記載されていない、楽天カードの審査基準。手にしやすいクレカですが、100%発行できるわけではありません。「そこで、おおよその審査基準や難易度をまとめてみました!楽天カードを所有したいけど、審査基準が気になる.....

Q:楽天市場のランクも審査に関係しているの?

関係していません。

プラチナとかダイヤモンドランクの方が有利〜と言われていますが、迷信でしょう。

まとめ

  • 楽天カードの審査に落ちる原因は7つ考えられる
  • 申込み条件を満たしていない、誤字脱字、収入が安定していないなど
  • 再申込したい時は、最低でも6ヶ月は期間を空ける
  • 6ヶ月も待てない時は、他のクレカやカードローンに申込む
  • 消費者金融系カード(ACマスターカードなど)であれば、発行できる可能性あり

コメント

タイトルとURLをコピーしました