【楽天カードの限度額】増額できない!審査落ちする5つの原因と対処法

楽天カードの増額は誰でも申込めますが、100%審査に通過できるワケではありません。

利用状況によっては審査に落ちてしまいます。

なんで増額審査に落ちてしまったの?原因はなに?

どうしても増額したい、お金が必要な時はどうすればいいの?

増額審査に落ちる原因と対処法をチェックしていきましょう!

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

内容をざっくりまとめると

  • 楽天カードの増額審査に落ちる原因は5つ考えられる
    1. 前回の申込みから必要な期間を経過していない
    2. 誤字脱字や虚偽申告が発覚した
    3. リボ払い残高が多すぎる
    4. 楽天カードの利用実績が少ない
    5. 過去に遅延・滞納している
  • どうしても増額したい時の対処法は3つ
    1. 6ヶ月以上経ってから再申し込み
    2. 楽天カードの利用実績を作る
    3. 遅延・滞納せず利用する
  • 今すぐお金が必要な時の対処法も3つ
    1. カードローンを利用する
    2. 身近な人からお金を借りる
    3. 家にある不用品を売る

楽天カードの増額ができない!審査落ちする原因5つ

楽天カードの限度額増額を申込んでも、100%確実に増額できるワケではありません。

申込んだら数日でと増額できました〜

とか、

増額を申込んでいないけど、いつのまにか自動的に増額されていました〜

とか、利用者によって状況はさまざま。

中には、増額を申込んだけどできなかった〜とか、増額審査に落ちた〜という人もいます。

では、なぜ楽天カードの増額審査に落ちてしまうのか?

考えられる原因が下記の5つです。

1.前回の申込みから必要な期間を経過していない

楽天カードの増額を申込む時、このようなメッセージが表示されることがあります。

前回のお申込から必要な期間を経過していません。

どういう意味?と思うかもしれませんが、読んだままの意味です。

楽天カードの増額はいつでも申込むことができますが、一定の期間が経過していないと、エラーメッセージが表示されます。

 

一定の期間とはどれくらいなのか?というと…

楽天カードを発行してから(もしくは前回の増額を申込んでから)、6ヶ月以上が目安になります。

なぜ6ヶ月なのか?というと、楽天カードの発行や増額に申込んだ記録が、6ヶ月間「信用情報機関」に残るからです。

参考例として、信用情報機関(CIC・JICC)に登録される申込情報を見てみましょう。

CICに記録される情報
申込情報 照会日、商品名、契約予定額、
支払予定回数、照会会社名など
照会日より
6ヶ月間保有
JICCに記録される情報
申込みに関する情報 本人を特定する情報、並びに
申込日及び申込商品種別等
申込日から
6ヶ月を超えない期間登録

CIC・JICCともに、申込み情報は6ヶ月経過するとリセットされます。

なので、楽天カードの増額を申込むのであれば、最低でも6ヶ月は利用してからにしましょう。

▼参考ページ▼

【楽天カードの利用可能額を増額】審査基準や通過する5つのコツ
楽天カードの利用可能額(ショッピング枠)は、希望に応じて増額できます。ただし、増額審査に通過する必要があります。審査に落ちることもありますし、利用停止や減額になる恐れもあります。では、どういう時に利用停止や減額になっ...

2.誤字脱字や虚偽申告が発覚した

ちょっとした誤字脱字があるだけでも、申込みを受け付けてくれないことがあります。

楽天カードの増額はネットで申込めますから、書面に記入して申込むよりもミスは少ないですが…

変換ミスなどをすることがあります。

また、

少しでも多く増額したいから、年収を多めに申告しよう♪

ということをすると、すぐにバレてしまいます。

所得証明書の提出を求められたら、一発でアウトですからね。

例えば、下記のような場面で、所得証明書の提供を求められることがあります。

  • 年齢の割に年収が多いな…と楽天カードが判断した場合
  • 勤務先の企業規模と年収が見合っていないな…と楽天カードが判断した場合
  • 希望する限度額が大きい場合

…などなど。

虚偽申告が発覚すると、使っている楽天カードが強制解約になる恐れがあります。

なので、絶対に虚偽申告をしてはいけません!

3.リボ払い残高が多すぎる

リボ払い残高は審査に大きく影響します。

滞りなく返済を続けていれば、まだいいのですが…

リボ払い残高が少ないに越したことはありません。

なんでリボ払い残高が多いと、楽天カードの増額ができないの?

というと…

主な理由が下記の3つ。

  1. 支払いを先送りにする人、と判断される
  2. 返済能力が低い人、と判断される
  3. 返済する意思が高くない、と判断される

リボ払いは毎月の支払額が一定になりますが、なかなか完済できない〜という状況になりやすいです。

例えば、リボ払い残高が10万円で、毎月の返済額は1万円。

一切カードを使わなければ、コツコツ残高が減っていきますが…

毎月1万円以上使ってしまうと、利用額が増えていく一方。

リボ払い残高が減りません。

さらに…

リボ払い残高がある状態で増額を申込む=借り入れ(借金)がある状態で状態を申込んでいる、となります。

それでは増額審査に通過することは難しいです。

なので、楽天カードの増額を申込む前に、リボ払い残高をゼロにする方を優先しましょう。

4.楽天カードの利用実績が少ない

楽天カードの増額審査では「利用実績」がチェックされます。

もしあなたが楽天カードのスタッフだとしたら、下記のAさん・Bさん、どちらに増額して欲しいですか?

【Aさん】
・楽天カードを毎月3万〜5万円使っている
・楽天カードの利用期間は3年くらい
・これまで一度も返済に遅れたことはない

【Bさん】
・楽天カードの利用額は毎月1万円未満
・楽天カードの利用期間は半年くらい
・過去に1〜2回返済に遅れたことがある

BさんよりもAさんの方が「ちゃんとした利用者」とか「増額してもしっかり返済してくれそう」と思いませんか?

利用実績を通して、利用者の”人となり”が見られている、ということです。

 

ちなみに、利用実績に含まれる項目としては…

利用額・利用回数・利用期間・遅延の有無などです。

実績をつむほど信用度も高くなっていきます。

が、損なわれるのは一瞬。遅延や滞納をすると、信用度が著しく低下してしまいます。

※遅延すると生じるペナルティは、下記のページで詳しく解説されています。

【楽天カード残高不足】支払い遅れで生じる5つのペナルティ
楽天カードの支払いは毎月27日に、自動引き落としで行われます。ですが、残高不足の状態だと引き落としができません。その結果「遅延(支払い遅れ)」として扱われ、延滞金や利用停止などのペナルティが生じます。ペナルティの詳細...

5.過去に遅延・滞納している

上記で解説した通りです。

遅延や滞納はマイナス実績になると同時に、信用度が著しく低下します。

1日くらいなら遅れても大丈夫だろう…

という安易な考えで楽天カードを使っていると、あとになって痛い思いをします。

増額審査に落ちてしまう、限度額が下げられてしまう…などなど。

なので、絶対に遅延・滞納せずに楽天カードを使うことを心がけてください。

▼参考ページ▼

【楽天カード延滞】支払いを滞納すると生じる問題と対処法
楽天カードの滞納が長引くと「延滞」という扱いになり、さまざまなペナルティが生じます。数日〜1ヶ月ほどであれば、まだ延滞にはなりません。ですが、短期間の遅れを何度も繰り返すと「延滞」として扱われます。どんなタイミングで...

審査落ちしたけど増額したい時の対処法3つ

今回は楽天カードの増額ができなかった…。

けど、なんとしても増額したい!

という時は、下記3つの対処法を実践してください。

1.再申し込みするなら6ヶ月以上経ってから

増額審査に再チャレンジするなら「最低でも6ヶ月」は期間を空けてください。

審査落ちする5つの原因の中で「1.前回の申込みから必要な期間を経過していない」というものがありましたね。

必要な期間=6ヶ月。

なので、最低でも6ヶ月は期間を空ける必要があります。

6ヶ月も待ってられない!!

と思うかもしれませんが…

そこは我慢した方がいいです。

6ヶ月経たないうちに増額を申込んでも、審査に通過することは難しいです。

信用情報機関(CIC・JICC)に申込み情報が残ったままですかあね。

なので、増額を再申し込みするなら、最低でも6ヶ月待ってからにしましょう。

▼参考ページ▼

【楽天カードの利用可能額を増額】審査基準や通過する5つのコツ
楽天カードの利用可能額(ショッピング枠)は、希望に応じて増額できます。ただし、増額審査に通過する必要があります。審査に落ちることもありますし、利用停止や減額になる恐れもあります。では、どういう時に利用停止や減額になっ...

2.楽天カードの利用実績をつくる

6ヶ月間、何もしないで待っているのはNG。

増額審査で少しでもプラス評価がもらえるよう、楽天カードの利用実績をつくりましょう。

具体例としては…

  • 普段の買い物で楽天カードを利用する
  • メインカードとして楽天カードを使う
  • 楽天カードを使って電子マネーをチャージする
    (楽天Edyを使うのがおすすめ)

などが挙げられます。

地道にコツコツ楽天カードを利用していけば、おのずと実績もつくられます。

3.絶対に遅延・滞納せず利用する

楽天カードを利用した後は、絶対に遅延せず返済しましょう。

楽天カードの締め日は月末で、引き落とし日は翌月27日。

「27日に引き落とされる」と覚えておけばOK。

土日祝日の場合は、翌営業日に引き落とされます。

遅延しないためには、引き落とし前日までに入金しておきたいところ。

残高不足を起こすと引き落としができないので、注意してください。

ちなみに…

引き落とし日は27日ですが、引き落とし時間は銀行ごとに異なります。

詳しくは下記のページでまとめられているので、参考にしてください。

【楽天カード引き落とし】時間は何時?ゆうちょ・みずほ・UFJなどの例
楽天カードの引き落とし時間は、銀行ごとに異なります。また、同じ銀行でも本支店によって時間が異なることも。そこで、主要金融機関(都市銀行・ネット銀行・地方銀行)の引き落とし時間を調べ、まとめました。27日の何時に引き落...

楽天カードを増額する以外の対処法3つ

増額審査に落ちてしまったけど、今すぐにお金が必要…。

さすがに6ヶ月も待ってられない…

という時の対処法が下記の3つ。

1.カードローンを利用する

銀行などの金融機関が提供している「カードローン

楽天カードとは別の機関の金融商品なので、審査基準などが大きく異なります。

また、楽天カードは楽天カード株式会社が審査を行っていますが、カードローンは銀行や保証会社が審査を行います。

なので、楽天カードの増額審査に落ちた場合でも、カードローンの審査であれば通過できる可能性が十分にあります。

まとまったお金をすぐに手にできるので、一時的な対処法としては最適。

ただし、使いすぎには要注意。

あたかも”自身のお金”と勘違いしやすいので…。

カードローンを利用する=銀行からお金を借りることなので、勘違いしてはいけません。

2.身近な人からお金を借りる

銀行からお金を借りるのは抵抗がある…

という方は、身近な人からお金を借りるのも対処法の一つ。

とはいえ、金の切れ目が縁の切れ目と言いますからね。

お金を借りたことがキッカケで、縁が切れてしまう恐れがあります。

また、まとまったお金(10万円以上〜)を工面するのが難しいです。

1人1万円×10人…とかならなんとかなりますが。

1万円も貸してくれる知人が、そんなにたくさんいるかどうか?という問題もあります。

3.不用品を売る

銀行からも身近な人からもお金を借りず、なんとかするなら「不用品を売る」のが一番手っ取り早いです。

家にある不用品が、案外高く売れることもありますからね。

ただし、二束三文にしかならないことが多いです。

1万円で買った服が500円にしかならないとか…ざらにあります。

なので、数万円単位のお金にするのはかなり大変。

となると…

まとまったお金を工面するなら、カードローンを利用するのがベストと言えます。

まとめ

  • 楽天カードの増額審査に落ちる原因は5つ考えられる
    1. 前回の申込みから必要な期間を経過していない
    2. 誤字脱字や虚偽申告が発覚した
    3. リボ払い残高が多すぎる
    4. 楽天カードの利用実績が少ない
    5. 過去に遅延・滞納している
  • どうしても増額したい時の対処法は3つ
    1. 6ヶ月以上経ってから再申し込み
    2. 楽天カードの利用実績を作る
    3. 遅延・滞納せず利用する
  • 今すぐお金が必要な時の対処法も3つ
    1. カードローンを利用する
    2. 身近な人からお金を借りる
    3. 家にある不用品を売る

コメント

タイトルとURLをコピーしました